FC2ブログ

記事一覧

革細工!

kawa066.jpg


             計量スプーン


1948年(昭23)「大さじ」15ml、「小さじ」5mlとする基準を女子栄養大学を創設した香川 綾さんが考案しました!
戦前、調味料のさじ加減は「ほどほどに」など、曖昧な表現が一般的で、単位もグラム、匁(もんめ)とまちまちでした!
そこで、小さじを醤油の塩分が約1グラムとなる5mlとし、大さじをその3杯分とする計量スプーンを考え1955年(昭30)に実用新案を取得しました!
家庭に普及したのはNHKなどの料理番組で紹介してもらうように働きかけたことが大きく、やがて学校でも使われる用になりました!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント