FC2ブログ

記事一覧

招き猫!

tiro04.jpg

紙芝居

1930年(昭5)東京の街頭で始まったとされる、絵の描かれた紙を次々に差し替えながら演じる紙芝居は日本独自に発展した文化です!
江戸時代に絵を描いたガラス板に光を当てて壁などに大映しした「写し絵」がオランダから伝わり寄せの人気演目になり紙芝居の元になりました!
明治時代には見物料として水あめなどを売るようになり、昭和初期にはスタイルが確立して「黄金バット」シリーズが人気を集め最盛期を迎えました!
この頃、業者が紙芝居の作者に作品を作らせ失業者に紙芝居をやらせて派遣するビジネスがはやり、全国に3万人の紙芝居屋がいたそうです! 漫画家の水木しげるさんも作者の一人でした!
人気は終戦直後まで続きましたがテレビの普及により街頭から急速に姿を消しました!
最近では高齢者の施設で盛んに演じられ、街頭紙芝居を楽しんだ世代に好評だそうです!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント