FC2ブログ

記事一覧

招き猫!

mike0123.jpg

                  ビニール傘

1953年(昭28)江戸時代から続く傘問屋、9代目須藤三男さんが雨の季節に重宝するビニール傘を開発しました!
雨漏りや色落ちが多かった木綿の傘にかぶせるビニールカバーを進駐軍が持ち込んだテーブルクロスがヒントで作りました!
1958年ビニールを骨に直接張った傘を開発しましたが当初、売り上げが伸びず悩みましたが、1964年の東京五輪で来日したアメリカの商人が「雨の多いニューヨークで売れる」と買い付けてアメリカで評判になると日本でも人気になりました!
今では中国産の安い製品が市場を席巻していますが10代目の須藤宰さんの会社は強風でも傘が裏返しにならないよう雨漏りせずに風だけが抜ける穴を工夫した商品や皇后さまが園遊会でお使いになった高級な商品も開発して売れています!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント