FC2ブログ

記事一覧

鉄馬絆乃会!

dainitoumei0101.jpg

dainitoumei0102.jpg

dainitoumei0105.jpg

dainitoumei0103.jpg

dainitoumei0104.jpg

            商品券

江戸時代中頃、商業が発展していた江戸や大阪の大都市で主に贈答用として扱われました!
「商品切手」とも呼ばれ、物品と交換できる紙片として相手に贈るものでした!
店にとっては品物を渡す前に代金を得られる利点があり「コメ」「豆腐」「酒」「まんじゅう」「ウナギ」など食料品を中心に多岐にわたりました!
中でもカツオ節に交換できる「イの切手」(にんべんのきって)は銀の延べ板で作られたことから大変人気となり、狂言や落語の題材にもなりました!
今のような「商品券」と呼ばれるようになったのは明治時代末期頃で「三越」など有名百貨店が品物ごとに発行していた券をまとめ、額面の範囲で客が交換する品を選べる「商品券」に改めました!
1980年代には「ギフトカード」という名で信販会社も参入し、普及が遅れた欧米でも1990年代には電子決済に対応した商品が登場して広まりました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント