FC2ブログ

記事一覧

コカ・コーラ・コレクション!

koka046.jpg

                       電気自動炊飯器

1955年、東芝(当時・東京芝浦電気)からふっくらしたご飯を自動で炊き上げる電気炊飯器が初めて発売されました!
東芝の下請けだった東京大田区の町工場「光伸社」の社長は大量の米を買い、家族と一緒に寝る間を惜しんで実験を繰り返し苦心して温度調節の方法も、水が蒸発して釜の温度が上昇するとスイッチが切れる仕組みお思いつき3年かけて「東芝電気釜」の完成にこぎ着けました!
毎朝、主婦が薪をくべてかまどの前で張り付いていた生活を一変させた発明は「主婦の睡眠時間を一時間は延ばした」とも言われました!
価格は当時の大卒初任給の三分の一に当たる3,200円でかなり高額でしたが大ヒット商品になりました!
その後の進化はめざましく1970年には保温機能などが登場!
最近では土鍋など様々なうち釜の素材にこだわった機種が人気になっています!
海外でも人気で数年前には来日した中国人が高価な炊飯器を「爆買い」する現象も起こりました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント