FC2ブログ

記事一覧

招き猫!

紙芝居1930年(昭5)東京の街頭で始まったとされる、絵の描かれた紙を次々に差し替えながら演じる紙芝居は日本独自に発展した文化です!江戸時代に絵を描いたガラス板に光を当てて壁などに大映しした「写し絵」がオランダから伝わり寄せの人気演目になり紙芝居の元になりました!明治時代には見物料として水あめなどを売るようになり、昭和初期にはスタイルが確立して「黄金バット」シリーズが人気を集め最盛期を迎えました!...

続きを読む

招き猫!

競泳泳ぐ自体はエジプトの神聖文字にクロールのように腕を動かす人が描かれており、古代ギリシャでも「文字も泳ぎもしらない者は無教養だ」とされた記録が残っていますが、競泳の歴史は意外に浅く19世紀前半のイギリスで行われた賭け水泳がルーツです!産業革命以降、イギリス各地でプールが作られ、裕福層による賭けレースが相次いで催されたのが競泳の始まりです!当時は平泳ぎだけで、後にアメリカやドイツ、オーストラリアな...

続きを読む

招き猫!

                  ビニール傘1953年(昭28)江戸時代から続く傘問屋、9代目須藤三男さんが雨の季節に重宝するビニール傘を開発しました!雨漏りや色落ちが多かった木綿の傘にかぶせるビニールカバーを進駐軍が持ち込んだテーブルクロスがヒントで作りました!1958年ビニールを骨に直接張った傘を開発しましたが当初、売り上げが伸びず悩みましたが、1964年の東京五輪で来日したアメリカの商人が...

続きを読む

招き猫!

                 薙刀日本発祥の伝統的な武器で2mの長い柄に反り返った刃を付けたものです!平安末期に源義経を守るため敵の矢を浴びながら薙刀を支えに立ったまま絶命したという武蔵坊弁慶の「立ち往生」の逸話が知られています! この頃の文献にも「俗に奈木奈多」と万葉仮名で記されています!当時、日本での戦闘は武士が互いに名乗り、一対一で戦う「一騎打ち」が主流で、長い薙刀は間合いを取って有利に...

続きを読む

招き猫!

             トライアスロン1974年(昭49)アメリカ・サンディエゴの陸上クラブが主催したのが最初とされています!屋外での水泳・自転車・長距離走の三つを続けて行う競技でラテン語の「3(トライ)」と「競技(アスロン)」から名付けられました!1977年(昭52)米軍人が酒を飲みながら「最も優れたアスリートは誰か」と議論になりました!当時ハワイで行われていた長距離の3競技をまとめてやろうと...

続きを読む