FC2ブログ

記事一覧

鉄馬絆乃会!

           ご朱印室町時代には存在しており、「納経印」と呼ばれていました!修行者が全国の霊場を巡り功徳を積んだ証で、江戸時代に街道や宿場が整えられると庶民も参拝や巡礼をするようになりました!明治時代には和紙を綴じたご朱印帳に受ける様式が定着し、現在はお寺や神社を参拝した記念として、寺の本尊名や神社名、日付などを墨書に朱印の印を押してもらうご朱印は、日本独特の文化です!今では若い女性を中心...

続きを読む

鉄馬絆乃会!

      ゴム風船風船の起源は、動物の腸や膀胱を膨らませたものだと言われていて、16世紀の油彩画に豚の膀胱を膨らませる子供の姿が描かれています!1824年、イギリスの化学・物理学者マイケル・ファラデーが最初のゴム風船を作りました!その翌年、イギリスのゴム製造業者が液状のゴムと注射器で風船を作る「キット」を発売し、人気を得ました!15世紀末に西インド諸島を航海したコロンブスがゴムを発見しヨーロッパ...

続きを読む

鉄馬絆乃会!

        告別式遺族や友人らが別れを告げるために行う告別式は無宗教の行事として始まりました!1901年(明34)自由民権思想家の中江兆民の死が起源とされています!無神論者の中江は葬儀はせず火葬するよう遺言し、盟友の板垣退助らが新聞広告に「一切宗教上の葬式を用いず来る17日青山会葬場において告別式執行」と書きました!式では読経や焼香など行わず板垣や門弟らが弔辞や演説で哀悼の意を表して別れを告げ...

続きを読む

鉄馬絆乃会!

       点字19世紀にフランスで暗闇でも手で触って情報伝達できるよう、軍事用の暗号として考案!これがパリの盲学校に持ち込まれ視覚障害者用に改良されて、欧米各国に普及し世界中に広がりました!1880年ごろ日本に紹介され、当時の東京盲唖学校の教師が50音や記号を表す日本語版点字を開発しました!それまでは、紙をよって文字の形にした「こより文字」がありましたが、複雑な漢字を指で読むには時間がかかり、...

続きを読む

鉄馬絆乃会!

           顕微鏡16世紀末にオランダで眼鏡職人の父子が二つのレンズを組み合わせた顕微鏡を作りました!まだ、倍率は十分でなく実用的ではありませんでしたが17世紀に入り、オランダの博物学者レーウェンフックが小さなガラス玉レンズを使った顕微鏡を自作し水中のバクテリアや赤血球、動物の精子など次々と発見し「顕微鏡学の始祖」と呼ばれました!その後、医学や生物学の研究が始まると改良が重ねられて普及し...

続きを読む